受付時間

TEL

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩が上がらない
  • 夜中に痛くて寝れない
  • 肩に捻りが入ると痛い
  • 肩を動かすと痛みが出る
  • 急に肩が上がらなくなった
  • 上げやすい角度と上がらない角度がある
  • 肩回りの筋肉がカチカチといわれたことがある

四十肩・五十肩はこのような症状に悩やまされることになります。

四十肩・五十肩はどんな状態? |北大路東洋鍼灸整骨院

四十肩・五十肩はよく耳にするかもしれませんが、いったいどういったものかをご存じでしょうか?

40代・50代に多く起こることから、四十肩・五十肩という名前になります。ほかにもフローズンショルダー(凍結肩)とも言います。

40代・50代だけでなくそれ以外の年齢でも起きますし、北区の北大路東洋鍼灸整骨院でも20代での施術経験もあります。

四十肩・五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」その名の通り、肩関節周囲に炎症が起きている状態のことを言います。

具体的には、筋肉・関節包・靭帯・腱などの軟部組織に炎症が起きます。

肩関節は球関節といい、自由自在に動きます。そのため肩関節を動かす筋肉はとても複雑につきます。肩を動かすといっても、単純に曲げ伸ばしだけではないですよね?捻りが入ったりと動きが複雑な分、筋肉も複雑につくのです。

そんな複雑に作られている物を痛めてしまうと、そうそう良くなるものではありません。

四十肩・五十肩はなかなか治らない。といった原因がここにあるのです。

~四十肩・五十肩は治りが遅い~

実際に現場で四十肩・五十肩の方を診ていると、治りがほかの症状に比べて遅いです。

そもそも、最初の症状がかなり悪い状態で来られます。

四十肩・五十肩は突然なった。今朝急に痛みが。なんてことが多いですが、急にそれだけの痛みが出ることは稀です。必ず、そこに至るまでに何かしらに原因があるに違いません。

それを放っておいて、急に痛みが。ということなので、実際に症状が出てからはかなりの時間が経過してると思ってください。

まずこれが治りの悪い原因の一つ。

そして四十肩・五十肩は動かすと痛みが出るために、体からすると動かさないようにします。それが筋肉を固くして動かさないようにするのですが、四十肩・五十肩に至っては筋肉の緊張が他と比べ物にならないほど固くなります

さらにその筋肉というのが複雑についているために、施術をしても筋肉の緊張が取れにくい症状です。

そして、肩は日常生活・お仕事などで使わなくてはいけない状況になります。

四十肩・五十肩は安静が必要なのですが、安静が無理なのが肩関節になるので、これもまた治りにくい原因の一つです。

四十肩・五十肩の経過|北大路東洋鍼灸整骨院

四十肩・五十肩は時期が3つに分けることができます。

炎症期(2~12週)

明らかな原因はなく、急に痛みがきつく出ることもあります。何をしていても痛かったり、寝ているときも痛みが出ることもあります。

拘縮期(3~12か月)

炎症期の激しい痛みは治まってきますが、肩の運動が制限される時期です。動きの制限と共に痛みも出ることもあります。動かしにくさから日常生活にも支障が出ます。

回復期

徐々に動かしたときの痛みや動かしにくさが取れていきます。再度拘縮が起きないようにリハビリをしっかり行う必要があります。

このように、治るまでに時間はかかりますが、治らない怪我ではありません。

早く回復をしたいなら、炎症期やそれ以前の早い段階での施術をおススメします。

施術を始める時期が症状回復のカギを握りますので、「このくらいなら…」「すぐよくなるだろう」などといった事で後悔されないようにしてくださいね。

四十肩・五十肩の施術方法|北大路東洋鍼灸整骨院

四十肩・五十肩は周りの筋肉を柔らかくすることが改善のカギになります。

特に一番行くにある深層筋の柔らかさが一番必要です。ですが、深層筋を柔らかくするには、そこにたどり着くまでの筋肉も柔らかくする必要が出てきます。マッサージでは深層筋にたどり着くまでに時間がかかるので、四十肩・五十肩でつらい時間が長くなってしまいます。

そのため、マッサージではなく鍼灸ハイボルテージで四十肩・五十肩を治していきます。

特に北区の北大路東洋鍼灸整骨院での鍼灸は全身のツボを使用します。

四十肩・五十肩も全身にツボが存在するため、症状のある肩だけでなく手や足などにも鍼灸を施術します。

~四十肩・五十肩に効くツボ~

陽陵泉:足の外側にあるポコッと出ている骨の前側

え?こんなところが四十肩・五十肩に効くの?

そう思うのもわかりますが、ここだけでなくほかのツボも一緒に施術しますので実際に受けてみてもらうのがいいかと思います。

ハイボルテージは鍼灸と違い、動かしながら当てることができます。鍼灸は針が刺さっているので、動くことはできません。

例えば肩をあげていくと痛みが出て、それ以上挙げれない。

そんな時には挙げながらハイボルテージを当て、徐々にあげれる範囲を広げていきます。

このように、四十肩・五十肩は症状や状況によって施術内容を変えていきます。

その判断は症状を確認したうえで進めていき、皆様と話し合いながら施術を行います。

四十肩・五十肩を治すうえで大切なこと|北大路東洋鍼灸整骨院

四十肩・五十肩は治りの悪い症状です。そのため、施術を続けていくと治りが悪いため諦めてしまいがちです。

お気持ちはわかるのですが、今までやってきた施術ももったいないです。

なので、ご自身でもできることはやっていっていただきたいです。

一般的には、四十肩・五十肩は安静!といわれていますが、北区の北大路東洋鍼灸整骨院では動かせるなら、どんどん動かしていってもらいます。ただし、無理のない程度で、さらに痛みの出ない範囲のみで。となりますが、ずっと安静も体からすると治りにくくなります。

身体は動かすように作られているので、治すときも動かしていく。という考えのもと施術を行います。

もちろん、むやみやたらに動かしてください。というわけではなく、症状や治ってきている過程、段階をみて「こういう運動をしてみてください」という提案をさせていただきます。

四十肩・五十肩の施術は、是非「今は堪え時でその先に動かせる未来がある。」と思っていただき、施術を受けていただきたいです。

それを叶えられるように、わたくしたち施術者も精一杯お力になれるように施術しますので、お気軽にご来院ください。

「四十肩・五十肩とは?」

「四十肩・五十肩の原因!!」

「四十肩・五十肩の施術方法」

執筆者:柔道整復師
北大路東洋鍼灸整骨院 院長 髙原浩輝

患者様一人ひとりのニーズにしっかり応える治療院を目指しておりますので、辛い症状でお悩みの方・慢性的だからと諦めている方・どこに行っても良くならなかった方は一度お気軽にお電話下さい。

記事一覧

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間