受付時間

TEL

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • よく下痢・便秘を繰り返す
  • 寝ても疲労が取れない
  • 気候の変化で体調を崩しやすい

自律神経失調症|北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症は耳にしたことがあるでしょうか?

そもそも自律神経とは何かを説明していきます。

自律神経は無意識に使われている器官を支配します。

簡単に言うと内臓が代表的です。

「胃を動かそう」「血圧をあげよう」「体温を調整しよう」これらは意識してできるものではないですよね?

それに比べて、「歩くために足を出そう」「服を着るために腕をあげよう」という行為は意識的にできます。

こういった無意識のうちに働いてくれている物を自律神経といいます。

自律神経には2種類あります。

《交感神経》

交感神経は活動時に働く神経といわれ、呼吸を早めたり・体温をあげたり・汗をかいたり・血液を流したり

興奮状態で働くものが多いです。走っているときなどは交感神経優位といえますね。

また、日中に働く特徴があります。

《副交感神経》

副交感神経はリラックス時に働き、血圧を下げたり・体温を下げたり・血管を広げたりと比較的落ち着いているときの作用が多いです。夜寝ているときなどはこのような働きを見せます。

そして、この2つは24時間365日絶えずに働いているので体にとってはかなり大切の物になります。

この2つのバランスこそが重要でこのバランスが崩れて、体に不調が出てしまう状態を「自律神経失調症」といいます。

ではなぜこの2つのバランスが崩れてしまうのかを説明します。

自律神経失調症の原因|北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症の原因は様々です。

自覚のあるものから、自覚のないものまで幅が広く、その分症状の出方にも幅があります。

・生活習慣の乱れ

自律神経は上にも書いたように胃や消化器、睡眠にも関わります。

食生活が乱れていたり、夜更かしや不眠から睡眠不足があったりすると、自律神経が疲労してしまい、自律神経のバランスを崩してしまうきっかけになります。

・ストレス

現代社会はストレス社会ともいわれるくらいストレスとは切っても切り離せない関係になっています。

職場や家庭内での人間関係、体力的に限界の仕事、引っ越しや転勤での環境の変化、ハラスメントなど数多くあります。

人によってストレス耐性というものが違いますので、一概にどの程度の負担がストレスになるかというのもわかりません。

ですが、人はだれしも、限界はあるので抱え込みすぎて限界を迎えるという結果はあり得ます。

・ホルモンバランス

女性に特に多い原因ですが、ホルモンバランスの変化が自律神経にも直結することがあります。

生理という定期的にホルモンバランスが乱れやすくなるものがある以上、自律神経の影響も出やすくなります。

自律神経の症状は目に見えるものではありません。それゆえに、周りの人には理解してもらえないことが多いです。

病院へ行っても、薬を出されるだけだったり、原因不明といわれたことがある方は特にですが、症状を自覚していれば自律神経失調症といえます。

体の不調や、自律神経失調症といわれた方は一度、北区の北大路東洋鍼灸整骨院で自律神経失調症の施術を受けてみてください。

自律神経失調症の施術方法 |北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症には鍼灸施術が効果的です。

自律神経は交感神経と副交感神経とお伝えしましたが、鍼灸はどちらに対しても有効性があります。

自律神経失調症はとくに、どこが悪いといった事はありませんので、その時の症状に対しての鍼灸を行うという形になります。

勿論、こちらでも各検査である腹診(おなかのツボの反応)舌診(舌の状態)脈診(脈の状態)から鍼灸の施術方針を決めます。

また四肢末端のオイルマッサージを行うことでツボの軽い刺激になり、リラックスもできるので、状態に合わせてオイルマッサージも行います。

自律神経失調症は原因にも書いたように、食生活や睡眠がかかわってきます。

自律神経失調症を治すうえで、ご自身でもできることがございますので、北区の北大路東洋鍼灸整骨院での施術と同時にセルフケアも行ってみてください。

《食生活の見直し》

身体は基本的に食べたものからしか作られません。

そのため、偏った食事(油や塩分に糖分)、暴飲暴食、さらには食べなさ過ぎても体は栄養されず、動きませんのでバランスの良い食事というのを心がけていただきたいです。

《睡眠をしっかりとる》

睡眠は量より質です。何回も起きるけど、1日の睡眠時間は長い。ということではいけません。最近ショートスリーパーといわれる睡眠の形がありますが、睡眠時間は短くても、質が良ければよいのです。もちろん極論のお話なので、基本的には適度な時間の睡眠をとりましょう。

休みの前日だからといって、遅くまで夜更かしをしたり、お酒を遅くまで飲んだりして夜更かしせずに、1週間を通して平均的な就寝時間や起床時間を作りましょう。

こういったセルフケアと北区の北大路東洋鍼灸整骨院での鍼灸施術で、自律神経失調症に悩まされることのない生活を送りましょう。

記事一覧

自律神経失調症の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

自律神経失調症とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間