受付時間

TEL

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

足の裏が痛い。そんなことありませんか?

  • 足裏が痛い
  • 走ると痛む
  • 足を着くと痛みが出る
  • 朝一番は足を着くと激痛が走る
  • 病院で足底筋膜炎と診断された

足底筋膜炎は放っておくと手術にまで至る症状です。

今現在の痛みで手を打っておかないと、後々大変な思いをしなくてはいけません。

足底筋膜炎ってなに? |北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎とは足の裏にある筋肉(筋膜)に炎症が起きている怪我です。具体的には足の裏のかかと部分に症状が出ることが多く、運動を頻繁にする方で特にマラソンなどの足をよく使う運動、足首が固い方、ふくらはぎがパンパンに張っている方などはリスクが高い傾向にあります。

足底筋膜は「かかとの骨の足裏部分から足の指」に伸びる、足の裏にある薄い膜状の筋肉です。

足底筋膜は足のアーチを支える重要な役割があり、クッションの作用もあるため、日常的にも良く使っている場所になります。

筋肉のスタートは踵骨(かかとの骨)の足裏側。そこから伸びる筋肉で、その筋肉が疲労などにより緊張状態になると筋肉のスタート部分を引っ張ってしまいます。

その部分に炎症がおきて「足底筋膜炎」となります。

この足底筋膜炎、放っておくと引っ張り続けられ、骨が変形してきます。

筋肉に引っ張られた骨は徐々に尖っていき、最終的に棘(とげ)になります。専門用語で「骨棘」といい、骨棘が形成された足底筋膜炎はかなりの激痛です。

痛みに耐えられず、骨棘を取り除く手術が最終手段となります。

足底筋膜炎の原因|北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎の原因は足底筋膜の極度の緊張が続くことです。

足底筋膜を使いすぎるとそういった状態になりやすいので、運動を頻繁に行う方、ランニングが日課になっている方、運動をしてもケアを怠っている方などに多い傾向があります。

足底筋膜自体の緊張も原因の一つですが、ふくらはぎの筋肉の緊張も関係してきます。

ふくらはぎの筋肉は足首を動かす筋肉になり、ふくらはぎの筋肉が固くなると足首の動きが悪くなります。そうなると足底筋膜で動きをカバーするので、足底筋膜の負担も大きくなります。

ふくらはぎの筋肉の硬さ➡足首の運動制限➡足底筋膜で代償➡足底筋膜炎

こういう流れになります。

足底筋膜炎の施術方法|北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎は足底やふくらはぎの筋肉を緩めることが大切になります。

足底筋膜炎にはハイボルテージ鍼灸施術により、筋肉を柔らかくして症状緩和を行います。

ただし、痛みのある場所によって施術内容が変わります。

足の裏が痛む場合鍼灸施術は行いません。足の裏は非常に敏感で確実に針を刺す際の痛みが出ます。そのため、足の裏が痛む場合はハイボルテージを使用します。

どうしても早く治したい、試合が間近で何とかしてほしい、という方には同意を得て行います。

それ以外の場合は鍼灸もハイボルテージも使いながらの施術を行います。

鍼灸施術はこちら

ハイボルテージはこちら

足底筋膜炎を予防するために必要なこと|北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎は痛みが筋肉の症状です。そのため日ごろから筋肉のケアを行うことが大切になります。

ご自身でストレッチを行う、お風呂などでしっかりと温める、マッサージチェアを使う等ありますが、お一人で行うのも限界があります。

北区の北大路東洋鍼灸整骨院では、足底筋膜炎にお悩みの方のや普段から運動を行う方のアフターケアを行っております。

内容は筋肉の柔軟性を目的としたマッサージやストレッチ、筋肉の疲労を取ることに特化したオイルマッサージなどで皆様のお体をサポートさせていただきたいと思います。

足底筋膜炎でお悩みの方は一度北区の北大路東洋鍼灸整骨院へご相談ください。

執筆者:柔道整復師
北大路東洋鍼灸整骨院 院長 髙原浩輝

患者様一人ひとりのニーズにしっかり応える治療院を目指しておりますので、辛い症状でお悩みの方・慢性的だからと諦めている方・どこに行っても良くならなかった方は一度お気軽にお電話下さい。

記事一覧

足底筋膜炎の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間