受付時間

TEL

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 立ち上がった際、急に腰に激痛が走った
  • 腰が痛くて起き上がれない
  • 腰痛がひどく、日常生活に支障が出ている

ぎっくり腰とは?|北大路東洋鍼灸整骨院

よく耳にするぎっくり腰。医学的には「急性腰痛」といい急に腰が痛くなったというものです。腰痛の中でも痛みがかなりきつく、歩けない・立てない・動けないなど何もできない状態になりやすいです。痛みの中でもきつい方に分類され、西洋では「魔女の一撃」といわれるそうです。

ぎっくり腰になるとお分かりのように日常生活にかなり支障が出ます。

お仕事・家事・育児、すべて今まで通りにはできません。自分一人ではできないので誰かに手伝ってもらったり、仕事を休んだりと周りに負担をかけかねません。

北区の北大路東洋鍼灸整骨院では過去に数多くのぎっくり腰の方を診てきています。その多くのかたが「○○ができなくて困っている」「○○ができなくてつらい」などのようなことを口にされます。そもそも、北大路東洋鍼灸整骨院に来るのも一苦労だった。との言葉もあるくらいです。

北大路東洋鍼灸整骨院にもぎっくり腰を繰り返しているスタッフがおりますが、本当につらそうで、実際のところ痛みで何もできないといっております。

そんなスタッフもおりますのでぎっくり腰の方の痛みは分かち合えますし、寄り添った施術も提案できるかと思います。

北区の北大路東洋鍼灸整骨院ではぎっくり腰の施術に絶対の自信を持っております。

ぎっくり腰はなぜなるのか?|北大路東洋鍼灸整骨院

そもそもぎっくり腰はなぜ起きるのかを説明します。

ぎっくり腰を経験された方はお分かりかと思いますが、ほぼほぼ皆さん腰痛持ちの方です。腰痛が悪化してぎっくり腰、とイメージしてもらうといいかと思います。

筋肉はゴムのように伸び縮みします。それを自在に操ることで関節が動き、からだがうごくのですが、この筋肉に負担がかかりすぎたり、負担がかかったまま放っておいたりすると、筋肉は切れてしまいます。切れるというと大袈裟なので、部分的に損傷するといっておきます。

普段の腰痛でも筋肉の部分的な損傷が見られ、ぎっくり腰はその損傷部分の範囲が大きかったりするので、痛みがきつく出るのです。

さらにぎっくり腰は筋肉だけが傷んでるのではありません。関節も一緒に傷んでいます。足首の捻挫などと同じで、ぎっくり腰は腰の捻挫でもあります。

ぎっくり腰は筋肉と関節の二つを痛めているから、かなりきつい痛みといえるのです。

では筋肉や関節に負担のかかる動作とはどういったものでしょう。

長時間立ちっぱなしや、座りっぱなしといった同じ姿勢や、急に動き出す動作、重たいものの上げ下げのような腰に負担がかかる動作などから、腰の筋肉は突っ張り、硬くなり、痛みが出ます。

長時間の同じ姿勢や腰の負担が大きくなったりした際に、骨盤や背骨のゆがみが出るので、またそこからも腰の筋肉の負担が大きくなっていきます。

ぎっくり腰が再発する理由|北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰を経験されている方ならお分かりかと思いますが、ぎっくり腰は癖になります。なぜ癖になるかを説明していきます。

それは単純に「治っていないから」です。ぎっくり腰の患者様によくある傾向が、痛みが少なくなってきて、残り少しの痛みくらいなら我慢できると思い、施術を終わってしまう方がいらっしゃいます。

痛みはマシになってきていても、ぎっくり腰自体は治っていないので、時間が経ち、負担が積み重なっていくと再びぎっくり腰に。。。なんてことが少なくありません。

これがぎっくり腰が再発しやすい理由です。単純ですが、『症状をしっかりと取り切ること』が再発予防にもつながるのです。

ぎっくり腰がもう治った、運動をしていっても大丈夫。という判断はなかなか難しいですが、私たち北区の北大路東洋鍼灸整骨院のスタッフなら経過を診ているので、「これくらいなら運動しても大丈夫」というアドバイスもできます。

ぎっくり腰が癖になっている方、今回を機にぎっくり腰とおさらばしてみませんか?

北区の北大路東洋鍼灸整骨院でのぎっくり腰施術

北区北大路東洋鍼灸整骨院ではぎっくり腰に対しては鍼灸施術をしていきます。
もちろんぎっくり腰の程度によりますが、立てない・歩けないなどのぎっくり腰には鍼灸が効果的です。

そして、鍼灸施術でも痛みのある場所に鍼をするだけでなく、全身にあるぎっくり腰に効果的なツボを使用します。そのため、効果もマシな時間の持ちも全く違ってきます。
歩いてくることができなかった、誰かに肩を貸してもらわなければ歩けなかった方などは帰るときに一人でもスッと歩けますので、必ず効果を実感していただけると思います。

 

 

 

【ぎっくり腰を早く治す4つの約束|北大路東洋鍼灸整骨院】

ぎっくり腰は施術以外にご自身でもやっていただきたいことがあります。
その中でも特に大切な4つをご紹介します。

①安静

痛みがある中で動き回ると痛みが広がり、治るものも治りません。
できる限り行動を制限していただき、患部の安静に努めてください。
横になる際には、左右で痛みのある場所を見つけて、痛みがある方を上向きで丸まった姿勢でいると楽かと思います。

②アイシング
ぎっくり腰は腰の炎症がきつい状態です。炎症を抑えるために冷やしてください。
アイスバックに水と氷を半分ずつ入れて、痛みのある場所に15~20分しっかりと冷やしてください。アイスバックがなければレジ袋で同様に冷やしてください。

③お酒はNG
お酒に含まれるアルコール作用によって一時的に痛みの感覚が鈍くなります。
そのため無茶ができてしまうので、結果アルコールが切れると痛みがぶり返してきます。
飲みたくてもぎっくり腰を治すために、一日だけでも我慢してください。

④続けてぎっくり腰を施術する
ぎっくり腰は痛みがきついので放っておけない分、早くから施術が開始できます。
それによって治りが早いのですが、癖になる前にしっかりと痛みを取り切っておくためにも続けての施術が必要です。続けて施術することで、格段に治りが早くなります。

【ぎっくり腰を治す理想の施術|北大路東洋鍼灸整骨院】

ぎっくり腰は原因や再発する理由でも書いたように、しっかりと「治し切る」ことが大切になってきます。その治し切るにはどうしたらいいかをお伝えします。
まず痛みがきつい急性期には4つの約束を守っていただき、鍼灸施術により痛みを取っていきます。この段階での治療は続けて毎日でもできることが理想です。

そして、痛みの程度が半分近くに来た段階や、動きをみてスムーズに動けるようなら骨盤矯正を行います。
ぎっくり腰は腰痛持ちの方が多いです。そして、腰痛があるような腰はほぼほぼ歪んでいたりズレています。
ぎっくり腰自体も腰の捻挫なので、ズレやすいといわれているくらいなので、ある程度痛みが引いてきた時点で骨盤矯正をしていき、ズレや歪みを取ることで、さらに痛みを少なくしていきます。

そして、骨盤矯正をすることによって、正しい位置の骨盤を定着できるので、ぎっくり腰の再発や癖になることも防げます。

ぎっくり腰でご注意していただきたいことは、ご自身での判断で何かをする。ということです。例えばランニングをしてみる、ジムを再開してみるなどなど。
ぎっくり腰は施術途中での動き方を慎重にしていただかなければ、せっかく施術効果も薄れたり、逆に痛みが再発したりします。そのため施術をしているスタッフが、ぎっくり腰の程度をみて的確なアドバイスをさせていただきますので、ご安心くださいね。

記事一覧

ぎっくり腰の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

ぎっくり腰とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間