受付時間

TEL

腰のヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • お尻から太ももにかけてしびれている
  • 病院で手術が必要と言われた
  • 長時間座っていると、お尻が痛い

ヘルニアとは?|北大路東洋鍼灸整骨院

『整形外科でヘルニアといわれた方』、『いろいろ調べるとヘルニアの症状かもという方』、ご安心ください。
ヘルニアは症状の程度によりますが、そこまで気にする必要がないものです。

ヘルニアの本来の意味は「逸脱」。体内の臓器があるべき位置から逸脱してしまった状態のことを言います。腰のヘルニア以外で言うと鼠経ヘルニア(脱腸)臍ヘルニア(でべそ)があります。

これが腰の椎間板で起こると、椎間板ヘルニアといいます。

椎間板は骨と骨の間にあり、クッションの役割をしてくれます。椎間板があるから、激しい動きや、滑らかな動きができ負担を最小限に抑えてくれているのです。

背骨は頸椎・胸椎・腰椎に分けられ、すべての骨の間に椎間板があります。人間の構造的に負担のかかりやすい場所というのがどうしても出てきてしまうのですが、背骨に関して言えば、頸椎と腰椎になります。

なぜ負担がかかりやすいかというと背骨はS字状に湾曲しており、その湾曲が頸椎、腰椎が大きくなるからです。そして、腰椎は動きが大きく、間の椎間板の負担はほかの椎間板以上になるため腰椎の椎間板ヘルニアが多いとされています。

そして腰部の椎間板がヘルニア(逸脱)したその先に神経があると、その神経を圧迫し、症状につながるのです。

椎間板が逸脱するくらいの現象が1回のケガでなることはかなり稀です。繰り返し椎間板に負担がかかることにより少しずつ逸脱し、最終的に大きく逸脱し、それがレントゲンやMRIでヘルニアとわかるくらいに成長しているのです。そのため、ヘルニアとわかるまでに必ずと言っていいほど、前駆症状がありあます。例えば腰痛や足のしびれ・痛み、違和感などがあげられます。

まずはその時点でヘルニアに移行しないようにしておくのがベストですが、放っておくと長引くだけですのでご注意ください。

なぜヘルニアは長引くのか|北大路東洋鍼灸整骨院

注射や薬は治すわけではない

ヘルニアは病院へ行くと痛み止めの注射や、薬による対処療法になると思います。ですが、注射や薬はその場の痛みを消しているだけで治しているわけではありません。薬の効果が切れるとまた痛みは出ますので、使い方に細心の注意を払う必要があります。

ヘルニアにも痛みの発信源となる場所が必ずあります。

その場所に対して施術を行うことで対処療法ではなく、根本的に治すことができます。「注射や薬は楽になるから」と、長期にわたり多用していると、症状自体は時間が経過しているので、治るのにも時間を要してしまいます。

マッサージだけでは何も変わらない

ヘルニアは説明したようにどこかで神経の圧迫が起きている状態です。神経は体の奥深くを通っているので、マッサージだけでは奥まで施術ができません。そのため、マッサージを毎日しても症状はあまり変わらないか、かなり時間がかかるか、という経過をたどります。

またヘルニアによって神経の圧迫の場所によってはマッサージで悪化することもあります。

神経の圧迫部位が腰側(後ろ側)だとするとマッサージで圧迫部位を押すことになり危険です。なので、自分での判断でマッサージを行ったり、マッサージチェアに頼ったりするのは絶対にやめてください。

ヘルニアに対する施術法|北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院ではヘルニアの程度や痛みの出ている範囲などによって施術内容を変えます。

歩くのも無理なほどきつい症状に関しては鍼灸施術で少しでも痛みを和らげます。鍼灸施術が苦手な方も中にはいらっしゃいますので、そのような方にはハイボルテージを使い、症状緩和を行います。

鍼灸施術は、単に痛みや症状のある部位にのみ鍼灸を行うのではなく、全身にあるヘルニアに効くツボを使いながら施術をします。そのため、一般的な鍼灸とは効果が違いますし、マシな時間の継続時間も変わってきます。

ハイボルテージに関しましても、症状のある部位以外、神経の走行に沿って当て、神経を惹起させるような当て方も行います。

いずれにせよ、少しでも症状が緩和するので、気分も楽になりますし、治る希望も持っていただけるかと思います。

鍼灸施術はこちら

そしてある程度痛みの引いてきた段階でヘルニアによる圧迫を少しでも軽減させるために骨盤矯正を行います。

骨盤矯正により関節に動きを作ることで、圧迫を軽減させ圧迫されている神経の逃げ場を作ることができます。

骨盤矯正は歪みを正すというだけでなく、動きの悪い関節に動き作るという。という効果もありますので、動きを良くするだけでも圧迫が軽減されたり、筋肉の緊張が取れ圧迫を少なくすることができます。

骨盤矯正はこちら

ヘルニアはどの部位で起こっているのか、どの場所に症状を出しているのかを見極める必要があります。そして、その症状に対して適切な施術を行うことで早期の回復が見込めますので、病院などでヘルニアといわれた方は、一度ご相談ください。

ヘルニアといわれてもご安心を|北大路東洋鍼灸整骨院

最初にも書いたようにヘルニアといわれても程度にはよりますが、あまり気にしないでください。

なぜかといいますと、無症状でもヘルニアといわれる方も多いからです。腰が痛くなくてもレントゲンやMRIを撮るとヘルニアといわれる方は多いと思いますよ。

先にも書いたように、ヘルニアとは椎間板が逸脱している状態を言いますので、レントゲンやMRIでヘルニアが見られればお医者さんは「ヘルニアです」というしかありません。

言葉の裏を読むなら「ヘルニア(逸脱)が見られます。ですがこれが症状の原因とは言い切れません」これがほんとは伝えたいところでしょうが、それを言っては元も子もありませんので診断結果を伝えるだけにとどめていらっしゃるのかもしれませんね。

なので、お医者さんにヘルニアといわれても、今の状態を告げられているだけで、症状がヘルニアからくるもの。という認識にはなりませんので、ご安心を。まあ言葉の綾ですね。

よっぽどヘルニアが神経を圧迫しているのが原因ならまずお医者さんは手術の話を出すと思います。それに手術が必要なくらいのヘルニアなら痛みで歩くのもやっとくらいです。

さすがにその症状で北大路東洋鍼灸整骨院へ来られたら病院を勧めるかもしれません。

ですので、「ヘルニアといわれた、どうしよう」と不安にならずに、北大路東洋鍼灸整骨院へご来院ください。しっかりと今の症状に向き合い原因から考えられることより適切な施術をさせていただきます。

記事一覧

腰椎ヘルニアの施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

腰椎ヘルニアの施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

腰椎ヘルニアの原因 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

腰椎ヘルニアの原因 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアとは? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

腰椎椎間板ヘルニアとは? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間