受付時間

TEL

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝に水が溜まる
  • 急に膝が動かなくなる時がある
  • 屈伸すると痛む

半月板損傷|北大路東洋鍼灸整骨院

半月板は膝の中にある軟骨です。役割としては、膝にかかる負担の軽減や衝撃の吸収、関節の安定性を出す、膝への負担分散などがあります。

この半月板に傷が入ったり、裂けたりすることによって、膝に痛みが出るという症状です。

半月板は一つの関節の中に2つ存在します。

内側の半月板はCの字、外側はOの字をしており、その真ん中に前十字靭帯・後十字靭帯がクロスします。

半月板・靭帯で膝の負担を減らし、さらに動きを良くする導線を作っている作用があります。

そんな膝にとっては大切な半月板ですが、痛めてしまうと治りが悪いです。

なぜかというと、半月板の中は血流が少ないから。

画像でわかるように、実際の半月板も白っぽい色をしています。体の中で白っぽいものは基本的に血流が少ない構造物です。(靭帯・腱)

つまり、傷や損傷を治すために必要不可欠な血流というのが少ないために治りが悪いとされています。

ではどのようにして治すのか?

半月板損傷の施術方法|北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷はその程度によって施術内容が変わります。

《軽度損傷》

腫れや熱感はなく、膝の動作時に痛みが出る。常に痛みが出ることもあるが、一定の動作のみの痛みもある。

半月板自体の損傷はひどくなく、周りの軟部損傷の方が痛みの割合を占めます。

軽度損傷であれば血流が少ない半月板でも、治りやすくはなります。

《重度損傷》

損傷具合が重度になるとロッキングという現象が起きます。

損傷片が膝の関節に入り込み、動かしたときに挟まり膝がそれ以上動かせなくなる。というものです。

損傷した損傷片が出るくらいなので、かなりの重傷といえます。

さらに、関節は腫れ、熱を持ちます。数日たってもこれらの症状が変わらなければ、すぐに病院へ行きましょう。

北区の北大路東洋鍼灸整骨院で施術を行うのは軽度~中度の半月板損傷です。

半月板自体も損傷しているが、周りの軟部組織も損傷しているパターンです。

施術方法はハイボルテージ鍼灸施術の2つです。

どちらも血流を促進するのには最適ですが、痛みの出方によって使い分けます。

ハイボルテージ:関節の中が痛み、ここが痛いという場所が不確定。

鍼灸:痛みの場所が確定でき、関節というより筋肉

このように症状によって施術内容を使い分けていきます。

半月板損傷のリハビリ|北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷を治した後はリハビリがとても大切になってきます。

半月板の再建をした後は膝周囲の機能回復を行い、早いうちに日常生活を送ることが大切です。

軽度の方はもちろん経過を診て、適切な運動指導を行います。

重度の方でも、病院のリハビリでも構いませんが北区の北大路東洋鍼灸整骨院ではスポーツ障害も得意としているので、手術後のリハビリも行っております。

早期に回復するには適切な施術と、後のリハビリがカギになるので、無理せず一度ご相談ください。

記事一覧

半月板損傷の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷の施術方法 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷の原因!! 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

半月板損傷とは?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間