受付時間

TEL

むち打ち症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故後、日に日に腕に力が入らなくなった
  • 事故から数日後、首が痛い
  • 病院の検査では「骨に異常無し」と言われた

むち打ち症の症状|北大路東洋鍼灸整骨院

交通事故に遭った際に、8割がむち打ちになるといわれているほどむち打ちは切っても切り離せないものです。
事故直後、実際にむち打ちの症状が出ていなくても、数時間後、数日後に書状が出てくることもあるのですぐに「私は大丈夫」という判断は危険です。
むち打ちを放っておくと何年も首元がスッキリしない、頭痛が頻繁に出るといった悩みに苦しめられます。
しっかりとしたむち打ちの知識を持って今後のために治療をしていきましょう。

  • ・凝り・重み(首、肩、背中)

  • ・痛み(首の後ろ、側面、前部、頭部、頸椎、腕)

  • ・動かない(首が回らない、動かすと痛む)

  • ・頭痛、吐き気、めまい、目のカスミ、目の疲労感

  • ・握力低下、足や指先の麻痺

  • ・首から手先にかけての痺れ

むち打ち症ってなに?|北大路東洋鍼灸整骨院

そもそもむち打ちとは、交通事故で起きることが多いですが、交通事故以外でも日常でも起きます。

例えばコンタクトスポーツをしている方、ぶつかられた際に意識が飛んだり、少しの間気分が悪かったりした経験ありませんか?

それもむち打ちの症状の一つです。不意な衝撃で、頭が鞭をうつように見えることからむち打ちといわれています。

むち打ちになると、関節の動く範囲を超え周囲の軟部組織を痛めます。まだそれだけなら軽傷で済むこともあるのですが、頸部には神経が多く通っています。

その神経もむち打ちによって痛めつけられるので、むち打ちの症状が出ます。

そういった症状があるにもかかわらず、病院でのレントゲンやMRIでははっきりとした原因が映し出されません。

これがむち打ちの厄介なところで、本人の自覚症状が症状となるところです。

それゆえに「周りの人にはつらさがわかってもらえない」「嘘だといわれてしまう」「どうすればわかってもらえるのか」などといったモヤモヤする気持ちになる方が多くいらっしゃいます。

そういった方を多く診てきておりますし、当院にも交通事故に遭ったスタッフもおります。

そのようなつらい症状は理解できますし、周りにわかってもらえないモヤモヤも理解いたします。

まずは、自分の症状改善を第一に一歩ずつ良くしていきましょう。

むち打ち症を治すには|北大路東洋鍼灸整骨院

むち打ちは症状がきつく出る一方、何もない日もあります。自律神経の症状でもあるので、人の感情や、周りの天気に自律神経が左右されるからです。

そのため、良くなったと思っても、次の日にはまた症状がぶり返している。ということもあります。

むち打ちの症状を良くしていくには少しずつですが、一歩一歩治していくしかありません。

そのためにも、できるだけ時間を見つけて、ご自身の症状と向き合っていただくことも大切です。

できる限り、症状改善をサポートしますのでなんでもご相談ください。

記事一覧

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間