受付時間

TEL

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足がしびれる
  • 足の裏に違和感がある
  • 腰から足が痛む、しびれる
  • 足が痛くてどうしようもない
  • 足の感覚がない、自分の足じゃないみたい
  • 痛みやしびれはないけど、ダル重い

坐骨神経痛は腰~足先にかけての痛み・しびれ・だるさが主な症状です。

当てはまれば坐骨神経痛の可能性は大いにあります。

坐骨神経痛の方へ|北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛とは腰から足先まで走る神経(腰仙骨神経叢、総腓骨神経・脛骨神経の総称)がどこかしらで障害を受けた状態で出る症状のことです。

一般的には、腰から足先にかけての範囲内で出る症状と認知されています。

その坐骨神経痛ですが、何種類かの神経痛の総称であるので、どの神経痛かを見極める必要があります。

  • ・梨状筋症候群

  • ・腰部脊柱管狭窄症

  • ・腰椎ヘルニア

これらの症状も坐骨神経痛といえ、坐骨神経の通り道の「腰~お尻~太もも~スネ・ふくらはぎ~足先」までのどこかしらの症状は共通しています。

坐骨神経痛は治りの悪い症状といわれており、その原因は神経を傷めているから。

神経は司令塔の役割があり体の器官の中でも最重要です。

そんな重要なものなので、体の一番深くに存在し、かつ坐骨神経は周りを分厚い筋肉や脂肪でおおわれています。

そのため、神経を施術するとなると表面の筋肉から柔らかくする必要があるため、深くまで刺激を入れるとなるとまず表面からになり、それなりに時間が必要となります。

どうしても時間がかかるので、なかなか良くならないと感じてしまうかもしれません。

せっかく頑張って施術に通っていたのに諦めてしまう。なんて声も聞いたことがあります。

坐骨神経痛は時間がかかるので、我慢が必要になりますが、北区の北大路東洋鍼灸整骨院ではなるべく早くに症状を取れるような施術をしております。

現在坐骨神経痛に悩まされている方は少なくはありませんが、大概の方は病院へ行き痛み止めや湿布で様子を見ておいてください。といわれると思います。

そんな状態でよくなる方はほんの一握りで、症状が長引きつらい時間を過ごすだけになります。

とはいっても、どこがどうなっているかなんて皆様からするとどうでもよく、早く痛みやしびれを取ってほしいというのが本音だと思います。

坐骨神経痛でつらい思いも、早めにサヨナラできるように頑張ってみませんか?

坐骨神経痛の施術方法|北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院では坐骨神経痛を早期に治すために、2つの観点から施術を行います。

①鍼灸施術

坐骨神経痛の原因である坐骨神経は体の奥深くにあると説明しましたが、そこまでどのようにして刺激を入れるのか。

その答えは鍼灸により深くまで刺激を入れます。鍼により、奥深くの神経にまで直接的に刺激を入れます。ただそれだけでは一般的な施術方法だと思いますが、北大路東洋鍼灸整骨院ではさらに東洋医学の観点から鍼灸施術を行います。

どういったものかといいますと、坐骨神経痛の『ツボ』というのが存在します。

全身にあるツボを使いながら施術をするので、症状のある場所に施術をするより効果も違いますし、マシな時間の持ちも違ってきます。

このような全身の鍼灸施術を行うことで、坐骨神経痛に対して早期の回復を目指します。

②ハイボルテージ施術

ハイボルテージとは超音波と電気のコンビネーションのよるものです。

鍼灸施術同様、深部に刺激を入れる際に用いるもので、音波により1秒間に何百万回の振動を与え、振動による微弱マッサージ効果や、振動による温熱効果も同時に得られます。スポーツの現場などでは多く取り入れられており、その効果は立証済みです。

坐骨神経痛でも深部の坐骨神経にまで刺激を入れることにより、早期の回復を期待できます。

鍼灸施術と違うところは、物理的に刺激が入らないので痛みが少ないことです。

北大路東洋鍼灸整骨院でも鍼灸はどうしても苦手…という方にハイボルテージを行っております。

以上の二つから坐骨神経痛の症状を取り除き、日常生活を送れるようにしたいと思っております。

鍼灸施術、ハイボルテージともに効果はありますが、その時の症状の出方や日常生活の動作、今後の予定などにより施術内容を提案させていただきます。

今までに歩くのもつらかった、うつぶせになることもできない、手術の日取りまで決めている、といった患者様もいらっしゃいましたが、どれも初期の症状とは見違えるほど回復しています。

それだけ、鍼灸施術やハイボルテージの結果が出ているということになりますので、坐骨神経痛でお悩みの方はぜひ一度体感していただきたいです。

坐骨神経痛の原因|北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛はっきりとした原因はわかっていませんが、大概の坐骨神経痛の方は腰痛を持病として持っていた、ぎっくり腰の経験があるといった、腰に何らかの既往歴がある方が多いです。それだけ腰に負担がかかり、限界に達したところに神経を傷つける何かがあるのかもしれません。

そして、坐骨神経痛になる前に前触れとして、違和感や痛みが出ることもあります。

そういった少しの変化でも見逃すと後々症状が大きくなり治りの悪い坐骨神経痛になってしまいます。

症状がなくても、「腰が張っている」「マッサージに行くと固いといわれる」「冷え性」「運動不足」など挙げればきりがないほど日常生活に坐骨神経痛のヒントが隠されているかもしれません。

なぜ腰痛から坐骨神経痛に移行しやすいかといいますと、腰回りの筋肉が固くなるにつれ、周辺の神経を圧迫してしまうからです。

神経は筋肉の中を通るものや、筋肉と筋肉の間を通るものがあり、その通り方は人それぞれ違うので症状の出方などに個人差があります。つまり、筋肉が固いという状態は坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こすことにつながりかねません。

そのため、筋肉の緊張を緩和させる治療である鍼灸施術やハイボルテージが第一になってくるのです。

坐骨神経痛の再発を防ぐ|北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛がやっと治ってきたという方はまず一安心されることでしょう。でも、神経はそれだけ悪い状態が続きとても敏感になっています。その神経に再び何かしらの刺激が加わると、すぐに坐骨神経痛は再発してしまいます。また、症状がましになってきたからといって施術を辞めてしまうと、残っている症状から再発していきかねません。

焚火などで種火がくすぶっている状態ならしっかりと鎮火しますよね?

坐骨神経痛の症状も同じです。しっかりと症状を取り切っておかないと再びその症状に苦しめられます。

そうならない為にも、坐骨神経痛の再発を防ぎましょう。

どのようにして再発を防ぐかといいますと、骨盤の歪み・ずれを骨盤矯正によりとり除き、腰周囲の負担を減らしておくこと。

筋肉が固くなると神経を圧迫するといいましたが、そもそも筋肉に負担がかかり続ける身体ならそこも治しておくべきです。

骨盤や腰が歪んでいたり・ずれているとその周辺の筋肉も長さが変わり、負担が大きくなってしまいます。その負担を減らすためにも骨盤矯正を行うことがベストです。

鍼灸やハイボルテージで筋肉の硬さをとっておき、さらに筋肉の負担がかかり続けないように骨盤矯正で整えておくこと。これこそが、坐骨神経痛を治し切り、再発を防ぐことができる内容になります。

 

 

 

 

「坐骨神経痛とは??」

「坐骨神経痛の原因!!」

「坐骨神経痛の施術方法」

記事一覧

坐骨神経痛の施術方法! 京都市北区北大路の北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛の施術方法! 京都市北区北大路の北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛の原因は?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛の原因は?? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛とは? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

坐骨神経痛とは? 京都市北区北大路 北大路東洋鍼灸整骨院

北大路東洋鍼灸整骨院

TEL

住所
〒603-8142 京都市北区小山北上総町26 米田ビル1F
駐車場
完備

受付時間